ノーノースメルは水虫に効果ありという記事にビックリ!

ノーノースメルを紹介している記事の中には、ノーノースメルが「水虫にも効果があった」というものがありますが、にわかには信じられません。

正直、嘘を書いているんじゃないの?と思います。

水虫の原因は白癬菌という菌が皮膚に入り込んでしまうことで、皮がめくれたり、痒くなってきたりしますが、水虫を治そうと思えば、この白癬菌を足から追い出す、つまり殺菌する必要があります。しかも徹底的に。

ですが、ノーノースメルにはその白癬菌を殺菌してしまう程の殺菌力はないんですね。

ノーノースメルが白癬菌を殺菌できない理由。

ノーノースメルは防臭のためのイソプロピルメチルフェノールという成分があります。
(このページを見ている人ならもしかしたら知っているかも知れないですね。)

そのイソプロピルメチルフェノールですが、ノーノースメルの公式サイトでも解説されている通り、あくまでも皮膚の常在菌である善玉菌と悪玉菌のバランスを整えるために、悪玉菌を減少させる役割を持っているだけなんですね。

水虫との関係でポイントとなるのは、白癬菌は皮膚常在菌ではない、という事。

だから、イソプロピルメチルフェノールでは白癬菌は殺菌できないんですね。。

これは軽度の水虫であっても、重度の水虫であっても同じ事です。

これはノーノースメルに含まれている他の成分である柿タンニンやその他の植物エキスについても同じことが言えます。

水虫で悩んでいる人の中には、なかなか治らずに困っている人も多いと思いますが、もし、治っていない状態がずっと続いているのであれば、一度水虫の専門外来にいくのがおすすめです。

水虫の治療は塗り薬と飲み薬の併用で。

水虫になれば一度は塗り薬を試したことがあると思いますが、飲み薬を飲んだことはありますか?

水虫は確かにしつこい皮膚の病気ですが、塗り薬と併用して飲み薬を飲むとかなりの高い確率で水虫は治っていきます。(もちろん、水虫用の塗り薬だけでも根気良く塗り続ければ治ります。)

特に、角質増殖型の水虫の人は塗り薬と飲み薬の併用は必須という専門家も多いんですよ。

このタイプの水虫は塗り薬の効果があまりないため、飲み薬の併用が必要です。

引用元
http://www.sakuhp.or.jp/pharmacy/mizumusi/mizumusi.htm

ノーノースメルを購入するなら水虫対策ではなくあくまでも足の防臭用に。

水虫になると、足は水虫特有のどくとくの臭いがするし、それにムズムズ痒くて酷いときには夜も寝れないぐらいの痒さになって本当に辛いです。

実は私も過去に水虫になった事があり、結構悩まされました。

そんな私の場合は、ひたすら根気よく塗り薬を塗り続けました。

だいたい1ヶ月ぐらいで治りましたよ。

ただし、1日1回は必ず足を石鹸で念入りに洗い、そして毎日塗り薬を塗る、これをその間は1日も欠かしませんでした。

ノーノースメルの公式サイトでは、殺菌作用があるという事で水虫にも一定の効果があると思ってしまうかも知れないですが、やっぱり水虫には水虫専用の薬を使うべきです。